70周年記念巡礼(長崎)

  • 2018/04/22(日) 11:55:52

修道会の創立70周年記念行事として、
創立者ゆかりの地を巡礼させていただいた。
参加者は23名。
黒崎の修道院(このたび閉院となる)に宿泊し、
長崎市内、外海(そとめ)地方、大村方面を廻った。

初日は残念ながらの雨。
まさに「長崎は今日も雨だった」
その中を浦上天主堂、原爆資料館、大浦天主堂などを巡礼。

二日目はキラキラの上天気。
創立者の生まれ故郷である外海地方を歩いた。
創立者は出津(しつ)の出身で、
(生家のあったあたり↓)
生家付近
その出津教会の敷地内には枢機卿親任記念に寄贈したという
ルルドの聖母像もある。
(台座の裏に
「寄贈 パウロ田口芳五郎枢機卿 1973年1月18日 枢機卿親任記念」
と刻まれている↓)
出津教会
出津で活躍したド・ロ神父さまの足跡をたどり、
神父さまから学んだ製法で作られたそうめんを昼食にいただき、
午後は黒崎修道院に立てられた記念碑の祝福式に与った。
式典
「大阪聖ヨゼフ宣教修道女会 創立者 田口芳五郎枢機卿ゆかりの地」
と書いてある。↓
記念碑

三日目は大村方面の殉教地巡り。
切支丹大名大村純忠の領地で、藩主以下全員が切支丹となったこの地では、
禁教令後、徹底的な迫害が行われたそうで、
あちらこちらにその後が残されている。
ちなみにここは「首塚」
首塚

少し離れたところに「胴塚」がある。
切支丹の「復活」を恐れて、首と胴を切り離し、
別々のところに埋められたのだとか。

最後にバスの窓から天正少年使節の像を眺めて、
三日間の盛りだくさんな巡礼が終わった。
巡礼中ずっと長崎の信者さんが運転手、ガイドを務めてくださり、
さらに行く先々の教会や資料館でも、
現地の信者さんが詳しく説明をしてくださった。
行くたびに思うことだが、長崎の人は親切で、特に信者力がすごい。

神に感謝

み言葉をください!

  • 2018/02/20(火) 19:34:32

先日、スーパーで某食品会社の営業をしているおばちゃんに
「シスター!」と呼び止められた。
そのおばちゃんは、本来の仕事(自社製品のアピール)を熱く語り終えると、
さらに続けて
「シスター、もうひとつお願いがあります」

「み言葉をください!」

どうやら、そのおばちゃんはプロテスタントの信者さんだったらしく、
営業先でシスターに会うと「み言葉」を貰うことにしているのだという。
私は折り紙のシスターに「み言葉」を持たせてばら撒いているが、
自分から「み言葉」を請求する人には初めて会った。

そう来るか・・・。

ならば・・・。

「神のなさることは、すべて時にかなって美しい」と答えた。

咄嗟に「み言葉」が出てくるかどうかというところで、
シスターとしての資質が試されたようでもあり、
日本では数少ないクリスチャンに街中で会えるという
大きな恵みをいただいたことでもあり、
なかなか貴重な経験をした。

確かに
「神のなさることは、すべて時にかなって美しい」

営業おばちゃんの上に恵みあれ。

バレンタイン準備中

  • 2018/02/12(月) 19:30:00

今年もまたバレンタインデーが近づいてきた。
外で働いていると「義理チョコ」や「友チョコ」が気になる。
しかも私が居る総務課は「総」とつくだけあって、
あらゆる部署の人とお近づきになってしまい、「義理」も「友」も人一倍多い。
「私はシスターなので!」と無視するのもひとつ。
・・・が、今年は手間はかかるけれど懐は痛まない方法を思いついた。

バレンタインシスター2

折り紙シスターに赤いハート(クラフトパンチで制作)を持たせる。

かわいいじゃないか・・・!

かわいいから沢山作ってみよう。
元気の出るようなみ言葉や名言を添えて。

ところで、この季節が来るたびに思う。
私たちの本命(イエス様)はチョコレートを召しあがらない。
でも、もしも今、生身の体を持ってそこにいらっしゃったら、
誰からのどんなチョコレートでもお菓子でもお酒でも、
喜んでおいしく召し上がられるに違いない。

ちなみにこの子たちは食べられないけれど、なんておっしゃるだろうか。

バレンタインシスター

クリスマス・カウントダウン

  • 2017/12/21(木) 21:59:31

多忙のあまり、なかなかUPできなかったけれど、
この世はクリスマスシーズンで、
カトリックである我が家(修道院)も職場(ガラシア病院)も、
準備が着々と進んでいる。
職場の方はクリスマス関連の行事が次々と開催されていて、
本日は病室訪問の日。
誰が訪問するかというと、聖家族と天使(に扮した職員)。

この行事は長年続いているが、
初めて見たときは感動して泣いてしまった。
マリアさまがベッドサイドにやってきて御子さまを患者さんに差し出す・・・。
それだけなのに何故か泣けるのである。

今日は入院中のシスターのところへ先回りして言った。
「シスター!もうすぐ御子さまがいらっしゃいますよ!」
近所の中高生が聖歌を歌いに来てくれていて、
その歌声もだんだん近づいてくる。
「ほら、歌声が近づいてくるでしょう」
・・・と言いながらドアの方を向いた途端、またしても泣きそうになった。

病室のカーテンが開いて、御子さまを抱いたマリアさまが現れた。
シスターはそっと手を伸ばして御子さま(の人形)に触れていたが、
とてもうれしそうだった。

病室訪問

(私も入院するならこの時期がいい)

母が末期がんで入院していた頃、私は
「マリア様が御子さまを連れて来てくださったら・・・。
御子さまに触れることが出来たら、母はきっと回復するに違いない」などと
思い、その様子を心に描いていた。
なんと、その様子が目の前でリアルになっているのである。

御子さまは人形で、マリア様は本当は職員だけど、
もしかすると奇跡が起きることもあるんじゃないかな。

今日、聖家族と天使たちに出会った方々の回復を祈りつつ・・・。


こちらは病棟のクリスマスツリーに飾られたクッキー。
このアイディアはなかなかだとおもう。
   ↓
ツリーのクッキー

人に歴史あり

  • 2017/11/28(火) 21:10:26

11月23日は勤労感謝の日。
我が家では「姉妹の日」ということになっていて、
お互いの親睦のための日になっている。
去年に引き続き、今年も多くのシスターたちが集まって
一緒に祈ったり食べたりリクリエーションをしたりした。

来年は創立70周年なので、それにちなんだ展示や出し物もあった。
廊下にはたくさんの姉妹たちの写真が飾られていて、
その中には何十年も前の・・・それこそ創立時代の写真も並んでいた。
高齢のシスターSが、昔の若いシスターの写真をしみじみ眺めて言った。

「きれいな人ねえ。この人だぁれ?」

今とは修道服もベールも違うけれど、白黒写真の若いシスターは・・・。

はるか昔のシスターSだった!!!

50年の歳月は本人でも分からなくなるほど容姿を変えてしまったらしい。

以前、これとは逆パターンの話を聞いたことがある。
昔のシスターは鏡を見てはいけなかったので、
何十年も鏡を見たことの無い高齢のシスターが居た。
ある時、そのシスターが他のシスターと出かけてエレベーターに乗ったところ、
そのエレベーターには鏡がついていた。
高齢のシスターいわく

「これは誰ですか?」

もう一人のシスターは困惑しながら、
「シスター、これは鏡です」と答えたという。
高齢のシスターにしてみれば、
何十年もの歳月によって変貌した自分を見たショックは
どれほど大きかったことか・・・。

見方を変えれば、
容貌が大幅に変わるほどの人生経験をしてきたとも言えるだろう。
人に歴史あり。