FC2ブログ

死者の月の終わりに・・・

  • 2018/11/30(金) 21:11:46

11月はカトリック教会では「死者の月」
冷え込んでくる季節柄か、実際この時期に帰天する方も多い気がする。
ガラシア病院の3階と5階はホスピスなので、
11月に限らず、たびたび、お見送りがある。

ときに信者ではないけれど
ガラシアのチャプレンにお通夜、お葬式を頼みたいという方がいらっしゃり、
聖歌を歌うために病室や「やすらぎの間」にうかがうことがある。
つい最近も「聖歌を歌う」ために、ほとんど面識の無い患者さまの所にうかがった。

ご家族の方々の話をお聞きし、
その方が人生のしめくくりをガラシアで過ごされたことを喜ばれていたと知り、
うれしくなった。

一方で、私の両親は最期のときを心残り無く過ごせたのだろうかと不安にもなる。
これからも身近な人(シスターとかシスターとかシスターとか!?)を
見送る機会が多々あるだろうから、
人生のしめくくりを幸せに過ごしてもらえるように心がけないと。
・・・と、死者の月の終わりにあたり思った。

そして今日、亡くなったシスターの遺品を整理していたあるシスターから
「使えるものがあったらどうぞ」と言われ、物色したところ
工作や手芸の道具がざくざくと出てきた。
凝ったクラフトパンチやグルーガン、クリスマスのデコレーション・・・。
中には以前から「あるといいな」と思っていたものも混じっている。
生前もお世話になったけれど、天国に行ってからも気遣ってくださるとは・・・。

いつか天国で再会したら、全力でお礼を言わなければ。

お見送り

  • 2018/08/31(金) 21:13:42

昨日の朝、ホスピスに入院していた一人のシスターが旅立った。
二週間前に修道名の祝日を迎え、三日前には誕生日を迎え、
旅立ちの日は初誓願の記念日だったという。

思えば二週間前、まさにシスターのお祝い日に
「危篤」の知らせを受けて、私たちは緊張した一夜を過ごした。
その危機は乗り越えたものの、決して安心出来る状態ではなかったので、
入れ替わり立ち替わり、姉妹たちが病室を訪れて「その時」に備えた。
私も勤務の休み時間や仕事上がりに毎日様子を見に行った。

時々問いかけにうなづいたり「ありがとう」と応えてくれることもあったけれど、
たいていは苦し気な息使いで眠っていた。
その様子は見ている方も辛かったが、ある時ふと
「シスターは今戦っていらっしゃるのだ」と思った。
また「キリストの十字架に与る」というのは、こういうことなのか・・・とも。
逃げたくても逃げられない。
我慢できなくても忍耐しなければならない。
他の人にはシスターの代わりに息をしたり、苦しみを分け持つことはできないのだ。
私はただただ、シスターの苦しみが和らぐように祈り、
冷たい手を握りながら顔を眺めるくらいしかできなかった。

そしてついに「その時」が来たのである。
けれども、息が止まり、
シスターの正装に着替えて横たわるシスターの姿を見たとき、
「寂しい」と思った。
早くこの苦しみから解放されますように・・・と祈っていたのに、
いざ見送る時が来たら寂しいのだ。

風邪をひいたときには卵酒を作ってくださった。
終生誓願のお祝いにと「ひさし(ベールの下につけるもの)」を縫ってくださった。
一緒に台所に立ったこともあるし、手作りのデザートをごちそうになったこともある。
さまざまな思い出がこみ上げてきて、葬儀の最後の歌は歌えなくなってしまった。

小さな体で病の日々を戦い抜いたシスターは、
今頃天国で勝利の冠を頂いていらっしゃることだろう。

墓参り

  • 2017/12/06(水) 20:22:39

来年は修道会創立70周年なので、バスを借りてみんなで墓参り。
創立者をはじめ、初期の時代の恩人方をお訪ねした。

満池谷墓地(まんちだにぼち)
    ↓
満地谷
ここには創立間もない頃に霊的指導をしてくださった神父様がいらっしゃる。
私もそうだけれど、ここには初めて訪れたという姉妹も多かった。

そこからお馴染みの(?)甲山墓地(かぶとやまぼち)へ。
ここは創立者の田口枢機卿をはじめ、大阪教区の司祭方がいらっしゃる。
     ↓
甲山

お参りするお墓も多いけど、人手も多いので掃除も花を生けるのも早い。
行った先々でロザリオを唱え、聖歌を歌って充実した一日。
天気にも恵まれ、半日がかりの墓参りツアーは無事に終わった。

今年も・・・

  • 2017/10/13(金) 21:43:33

去年に引き続き納骨堂そうじ。
今回は9人のメンバーが納骨堂チームと祈りの家チームに分かれて活動。
祈りの家チームは、黙想用の個室の窓を一部屋ずつおそうじ。
納骨堂チームは、去年と同じように窓やら鉄格子やらを磨きまくり・・・。

納骨堂そうじ

私が納骨堂そうじをするのは、もう5~6回目になる。
毎回不思議なのは、普段締め切ってあるところなのに、
何者か(鳥とか動物とか)の糞が点在していること。
いつ、何がどうやって侵入するのだろう。
そうじをしている最中もムカデやらトカゲやらに遭遇して、
なかなかにスリリングだった。
それだけ自然環境に恵まれているということでもある。

この通り、納骨堂の鉄格子の向こうには緑が輝いている。
小さな納骨堂だけれど、小さなステンドグラスの窓や、
壁に埋め込んだ貝などがおしゃれ。
この素敵な納骨堂に、掃除の翌日新しい姉妹が入居した。
そう、8月に亡くなったシスターの納骨式だったのである。

来月は死者の月。
きれいになった納骨堂で、天国のお姉さんたちも喜んでいらっしゃるハズ。

天国へ・・・

  • 2017/08/22(火) 16:38:37

先週末、園田修道院のシスターがひとり天国へ行った。
どうも病状が芳しくないらしい・・・。
病者の塗油を受けたらしい・・・と聞いている間に逝ってしまった。
翌日は休日。
お葬式の日、私はたまたま休みを取っていた。
そんなこんなで、毎日箕面と園田を往復することに。

亡くなったシスターは私に会いたかったのだろうか。
そのシスターが最後まで修道会の召命のため、
百合学院のために祈っていたと聞いて泣きそうになった。
私が今ここに居るのも、シスターの祈りの賜物だったに違いない。

「もっと違う人生があったのではないか」
「今度生まれてくるときはシスター以外の人生を生きてみたい」
と思うことはたびたびある。
にもかかわらず、
私は入会から今日まで一度も「辞めたい」「帰りたい」と思ったことが無い。
「シスターじゃなかったら、こんな仕事は絶対しないのに」と思ったりしても、
自分がヨゼフ会のシスターであることが
「神の望み」だという確信は揺らいだことが無いのだ。

亡くなったシスターは「おことばどおりになりますように」
という言葉を大切にしていたという。
受胎のお告げを受けた時の聖母の言葉。
「あり得ない」「不都合な」状況にあっても
神の望みを受け入れようとする覚悟と勇気の言葉。
私が修道生活を考え始めた時にも、この言葉が降りてきた。
「おことばどおりになりますように」

私たちは知らないところで祈られ、支えられて生きている。

サルヴェレジーナ
(棺を囲んでサルヴェ・レジーナを歌う/園田教会にて)