fc2ブログ

労働者聖ヨゼフの記念日

  • 2022/04/30(土) 22:01:31

5月1日は労働者聖ヨゼフの記念日。
今年は日曜日と重なったので、
教会の典礼からは消えているけれど、
我が家のお祝い日には違いない。

大工として地道に働き、
一家を支えた聖ヨゼフ。
聖書には聖ヨゼフのセリフは一つも無い。
「聖書一無口な男」である。
とはいえ行動力、決断力はすごい。

常識的に考えれば自分を裏切った(としか思えない)婚約者を
胎内の子どもともども受入れる懐の深さ。
当時の習慣からすれば
「結婚前に妊娠させた掟破り」と思われるか、
「自分を裏切った女性と結婚するお人好し」と言われるか・・・。
どちらにしてもあまり名誉な言われ方はしないだろうから
相当な覚悟が必要だったと思う。

さらにヘロデの魔手が迫る前にエジプトに逃げる行動力。
天使のお告げがあったから・・・と言っても、
女子ども(しかも乳児)を連れて未知の国へ行くには体力も知恵も求められる。
聖書一無口なヨゼフは聖書一頼りになる人物ではなかろうか。

以前、こんなことを言った友人がいる。
「一番女性にもてそうな聖人は聖ヨゼフ」
納得である。

復活の主日

  • 2022/04/16(土) 22:00:00

御復活おめでとうございます。

戦争、感染症、自然災害・・・。
今、私たちの世界は大きな苦しみに覆われています。
とても「おめでとう」とは言い辛い状況ですが、
それでも苦難の後には復活があると、
朝の来ない夜は無いと、
よみがえられたイエスがお示しくださいますように。
一日も早く、この悲しみから解放されますように。

聖木曜日

  • 2022/04/14(木) 21:13:59

本日、聖木曜日。
最後の晩餐を記念する日。
最後の晩餐を黙想すると思い出す曲がある。
ロックオペラ「ジーザスクライストスーパースター」
の「The Last Supper」

わたしが中学生くらいの頃か、
母が知人から貰って来たレコードの中に
「ジーザスクライストスーパースター」があった。
知らない洋楽のレコードばかりで、母も訳が分からず
ジャケットを見て適当に貰って来たらしい。
英語だったので聞いても歌詞はさっぱり。
その上わたしはロックよりもクラシックの方が好きな変わり者だった。

にもかかわらず「The Last Supper」の終わりの方、
静かに響く弟子たちの合唱のメロディには何故か心惹かれた。

何故、師であるイエスがこのような食事を望んだのか、
その場では弟子たちは理解していなかった。
けれどもその死と復活を通して
その食事の深い意味を悟ったのだろう。
だから2000年後の私たちも、その食事を追体験し続ける。
ミサの中でパンを食べ、ぶどう酒を飲むたびにイエスを思い出す。
わたしたちのために自らを生贄として捧げて下さったその想いを。

全世界の司教様とともに・・・

  • 2022/03/25(金) 21:14:05

本日「神のお告げの祭日」
教皇様はこの日をウクライナとロシアの平和を祈るために
穢れなき聖母の御心に奉献する日とされ、
全世界の司教さまにともに祈るよう呼びかけられた。
大阪教区ではお昼の12:00からカテドラルでロザリオの祈り。
ちょうどお昼休憩の時間なので、
わたしも職場でライブ配信を視聴し、祈ることにした。



ついでに大阪教区の配信する動画をもう一つ視聴。
酒井司教さまのお話で、ウクライナの国歌も紹介されている。



このたびのことで、ウクライナという国が急に身近になった気がする。
ニュースを見ると驚くのは、日本語を流ちょうに話されるウクライナの方が次々出てくること。
ウクライナの旗だって今まで知らなかったし、どこに位置する国かも知らなかった。
今は戦争のニュースばかりが入ってくるけれど、もっと楽しい知識も得たいと思う。
どんな文化があって、どんな芸術や食べ物があるのか・・・のような。
一日も早く、ウクライナの方々に平和な日々が戻ってきますように。

今ありて幸せ

  • 2022/03/13(日) 17:19:45

どこかでこんな言葉を聞いたことがある。
若い頃は、日々与えられていることの有難さがよく分っていなかった。
私の両親は戦争を知っている世代だ。
母は時折
「戦争直後は物が無くて大変だった。
あんたたちは幸せなのだから、もっと感謝しなくてはね」と言っていたが、
子どもの私には、さっぱり理解できなかった。
物が無いこと、戦時中であることを想像することが出来なかったのだ。

今、大きな感染症に見舞われ、日々戦争のニュースを見、
戦時下にある人々の生の声を聞くことが出来るメディアに囲まれて、
母の言葉の意味が分かってきた。
年度末の様々な業務をストレスに感じる今、
これが実はとてもありがたい状況なのだと。
少なくとも健康で、衣食住の苦労も無く、仕事も与えられている。
自然災害や敵国の攻撃で家族や住居、生活の基盤を失う苦しみや、
心細さを考えると、安全な環境に居る自分が申し訳ない。
今、与えられている人、物、環境、すべてに感謝しなくてはと思う。