FC2ブログ

待降節

  • 2018/12/11(火) 19:46:38

慌ただしくしているうちに待降節も早第二週。
アドベントクランツのろうそくは二本目が灯っている。
・・・というわけで、ブログにクリスマスツリーを設置。
そのブログもさっぱり更新できず申し訳ないけれど、
着々とクリスマスの準備は進行しているのだ。

勤め先であるガラシア病院には、
いたるところに馬小屋やツリーが飾られ、
ルルドのマリアさまのところには
LEDライトがつき、夜は美しい青い光が輝く。

これらを見て突然思い出したことがある。
子どもの頃、我が家にもクリスマスのイルミネーションがあった。
色とりどりの星とカラフルな球形の二本があり、
なぜかクリスマスツリーではなく寝室の天井に飾られていた。
だから毎年この時期には、
布団の中から天井に輝く色とりどりの光を眺めていたのだった。

我が家はクリスチャンでもなんでもなかったけれど、
クリスマスが近づくと父も母も色々な工夫で楽しませてくれていた。
今更だけれど両親にありがとう。
ふたりが生きているうちに気がつかなくてごめんなさい。

やがてアドベントクランツのろうそく全てに光が灯り、
世の光であるイエスの誕生を迎える。
どうか世界中の子どもが温かな愛に包まれて育つことができるよう、
大人たちの心にも光をともしてください。

映画の秋

  • 2018/11/18(日) 11:58:35

先月から読書ならぬ映画の秋を過ごしている。
樹木 希林さんの遺作「日々是好日」
大杉漣さんの遺作「教誨師」
そして「パウロ~愛と赦しの物語~」

「教誨師」は死刑囚によりそう牧師が主人公。
いつ訪れるか分からないその日まで、
様々な葛藤を抱え、孤独のうちに生きている受刑者たちの話を聴く。
6人の受刑者は年齢も性格もまちまちで一筋縄ではいかない。
「どうしてこんな良い人が・・・」という受刑者も居れば、
さっぱり反省の色もない受刑者も居る。
忍耐と包容力が大いに必要な大変な仕事だ。


一方「パウロ」では孤児や未亡人などの、
弱い立場の人々によりそうキリスト教徒の姿が描かれていた。
この映画の主人公は福音記者であり「使徒言行録」を書いたルカで、
牢獄にありながらキリスト教徒たちの支えとなっているパウロを描いているのだが、
その彼らの背後に居るアキラとプリスカの夫婦が良かった。
この二人の名前は聖書にもたびたび出てくる。
パウロと同じテント職人で、命がけでパウロを助けたことがあると。

映画ではプリスカが皆のお母さん的な役割を担っていた。
「この絶望の街で私たちは唯一の光」という彼女のセリフが心に残っている。
弱肉強食の社会にあって、
キリスト教徒の生き方はローマ人の目には奇異なものに映る。
孤児を引き取り、未亡人を支援し、病人を見舞う。
社会的弱者にとっての「光」となる。

今日は「貧しい人のための世界祈願日」
貧しさにも色々ある。
弱い立場の人々に寄り添う姿を描いた二つの映画に
キリスト者のあるべき生き方について考えさせられた。

召命黙想会

  • 2018/09/28(金) 20:44:07

9月23日(日)~24日(月)
さわやかな秋晴れに恵まれ、
召命黙想会が行われました。

ともに聖書を読み、分かち合い、
カルメル会の中川神父さまのご指導のもと、
祈りを深めてゆきました。
夜は和室の聖堂で、ご聖体を前に一日の感謝をこめて祈りました。

黙想会

二日目はミサ、講話のほか、
神父様、シスターとの面接も行われ、
一人ひとりが神様の望まれる道を探しました。
シスターたちの手料理に心もはずみ、
静けさの中にも楽しい二日間でした。

参加された方々の上に、神様の祝福と導きが豊かにありますように。

次回は12月8日(土)に一日黙想会を行う予定です。

創立70周年

  • 2018/07/16(月) 10:49:30

一か月後に私たちは創立70周年を迎える。
昨日はその日に先立って感謝の集いを行った。
遠すぎて来られない姉妹、入院などで来られない姉妹以外の90名弱が
本部祈りの家に集合。
この日のために祈りの家の廊下、ロビーには
修道会の歴史年表や創立者の遺品などが展示され、
ミサと会食で今日までの日々に感謝し、未来への希望を新たにした。

創立当時の花瓶(空き缶を利用)
創立時の花瓶

創立者の遺品(ほかにもたくさん…)
創立者遺品

昔の制服を着た人形たち(誓願者・修練者・志願者)
昔の制服

展示を見るシスターたち
(創立者の遺品コーナー)
展示

ロビーには亡くなった姉妹たちの写真と一人ひとりの
「道連れのことば」をつけた木。
オブジェ

遠すぎて来られないブラジルの姉妹とはスカイプで交流
(向こうは真夜中)
スカイプ

今も多くの方々が大雨の被害に苦しんでいらっしゃるので、
当初の予定より縮小し、被災地への祈りから始まった一日。
70年生かされてきたことは、本当に幸運なのだと思う。
何百年という歴史のある修道会もあるけれど、
私たちの70年を大切に、これからの歩みを続けていきたい。

またしても・・・

  • 2018/07/08(日) 13:13:59

このたびの大雨で被災された方々、
亡くなられた方々を覚え、お祈り申し上げます。

地震の次は豪雨・・・。
自然の驚異の前に人は本当に無力だと感じます。
この数日、雨の影響で交通機関がとまり、
道路も混み合い、平凡な日常のありがたさが身にしみました。
私たちの住んでいる地域も避難指示が出ましたが、
幸い、病院も修道院もわずかな雨漏り程度で済みました。

今日は久しぶりに太陽が顔を出しています。
青い空と白い雲を大切に味わっています。


久しぶりに静かな日曜日。
アロマワックスバーを作ってみました。
聖母マリアのご保護を願い「不思議のメダイ」を埋め込んだところがミソ
(ソイワックスとメダイ以外の材料は100均で揃います)
     ↓
アロマワックスバー