FC2ブログ

思い出

  • 2021/02/28(日) 19:10:00

ひな人形と花瓶

今年も小さなひな人形を飾った。
大好きなシスターの遺品で、手作り。
金屏風は自分で折り紙で作り、頂き物の敷物を敷いた。
このささやかな飾りの中に何人もの思い出が詰まっている。

敷物は何かのお祝いに友人のシスターが送ってくれた手編みの作品。
そのシスターは今、外国で奉仕をしている。
手前のヒヤシンスは、昨年、修道名のお祝いに頂いた鉢植から今年も咲いたもの。
菜の花は畑仕事をしているシスターからのお下がり。
その菜の花を挿した花瓶は、幼稚園の頃、遠くに引っ越す友達から貰った。

幼稚園の頃といえば、既に40年以上前のこと。
泣き虫だった私の数少ない友達がお別れにくれたのは、
この花瓶とビニールコーティングされた小箱。
そして自分で作った貼り絵だった。
きれいな紙の中心に小さく、船と漕ぎ手を描いたものだったと思う。
長い年月の間に箱は壊れ、絵も紛失してしまったが、
この花瓶は壊れることも失くすことも無く手元にある。

花瓶を見るたびに、その友を思う。
すっかり音信不通になってしまったから、今はどこでどうしていることか。
恐らくどこかで再会してもお互いに分からないだろうし、
友の方は姓も変わっているかもしれない。
・・・が、幼い日の私を支えてくれた友を思うと、
その出会いを与えて下さった創造主に対しての畏敬と感謝が湧いてくる。
今日までの人生に、数限りない出会いを準備してくれた神に感謝。

新しい年の訪れに

  • 2021/01/01(金) 00:00:00

全世界が新型コロナウィルスの脅威に苦しんだ2020年。
新しい年は、全世界がこの苦しみから解放され、
ともに喜べますように。

特に、寒空の下で困難な生活をされている方々、
隔離病棟で寂しい思いをされている方々、
病者のために過酷な戦いを続けていらっしゃる全世界の医療者の方々に、
神様が大きな報いと平安をお与えくださいますように。

神の母、聖マリアの取り次ぎによってお祈りいたします。

聖母子と鳩

ご降誕

  • 2020/12/24(木) 19:00:00

ご降誕おめでとうございます。

・・・と言っても、今年はクリスマスどころではない方がいつもより多いと思います。
いつものようにお祝い出来ない方もたくさんいらっしゃることでしょう。

闇に住む民は光を見た・・・と歌にあるように、
幼子イエスの誕生が、世界中の苦しみ、痛みに光を灯してくださいますように。
そして私たち一人ひとりが、その光を運ぶ者になれますように。



続・大海の一滴 

  • 2020/12/13(日) 17:00:00

私はルーテル派のある牧師さんのファンである。
まずは著書を読んでハマり、
説教や短いメッセージの動画を次々と視聴した。
今、その方はアメリカのコロナ病棟でチャプレンをされている。
コロナ病棟の患者さんは隔離生活の中で、
とても孤独な毎日を過ごされているので、
チャプレンの訪問をとても喜ばれるらしい。

あるとき、患者さんにプレゼントした折り鶴がとても喜ばれたそうで
牧師さんは、
「千羽鶴でクリスマスツリーを作りたい」と動画の視聴者に呼びかけられた。
するとその動画を見たたくさんの人が鶴を折った。
(その中の1人は我が家のシスターである)
本当に色々な人が宗教を超えて牧師さんの想いに応え、
なんと千羽どころか一万六千羽もの鶴が集まったという。
たくさん折った人も、ほんの少し折った人も想いは同じ。

このことを知って私は「五つのパンと二匹の魚」の奇跡を思い出した。
少年が差し出したのはほんのわずかの食糧だった。
けれどもイエス様の手を通ってたくさんの人が満たされた。
始まりはたった一羽の折り鶴。
それが一万六千羽の鶴となって羽ばたいたのは、まさに神の恵み。

「わたしたちのすることは、大海のたった一滴の水にすぎないかもしれません。
でも、その一滴の水があつまって大海となるのです。」

なんだか感動して泣いてしまった。

大海の一滴

  • 2020/12/12(土) 14:39:25

この頃、様々な募金の広告が目に入るようになった。
コロナ禍の中、悪い影響を受けていない人はほとんどいないと思うけれど、
少なくとも私は衣食住に事欠いては居ない。
けれども世界には明日・・・どころか今日の命さえ危ういたくさんの人が居る。
だからほんのわずかでもどこかに協力したいと思った。
そう思うと実にたくさんの団体が活動している。
ちょっと検索しただけでもこんなにある。
(リンクを張ったので興味のある団体名をクリックしてご覧ください)

国連難民高等弁務官事務所
ユニセフ
カリタスジャパン
日本赤十字
国境なき医師団

正直なところ、一つを選ぶのも悩むし、
協力するとしても雀の涙程度。

でも・・・

マザーテレサがこんな言葉を残してくださっている。

「わたしたちのすることは、大海のたった一滴の水にすぎないかもしれません。
でも、その一滴の水があつまって大海となるのです。」

というわけで、ある団体に少し送金した。
私は一滴の水でしかないかもしれないけれど、
大海も一滴、一滴の水のあつまり。
そして明日は箕面教会の街頭募金を手伝いに行くことにした。
同じ志を持つ人が一人でも多く見つかることを願って・・・。