FC2ブログ

眠れぬ夜のロザリオ

  • 2019/01/11(金) 20:55:45

私は寝付きが悪い。
おまけに夜中にたびたび目が覚めたり、
そのまま眠れなくなったりすることもある。
修練者だった頃「寝付きが悪いんです」と言ったところ、
当時の修練長に
「ロザリオでもしてたらすぐに眠くなるわよ」と言われた。
確かに短い祈りを延々と繰り返していたら眠くなりそうではある。
でも何だか不謹慎な気がしてやってみたことはない。

子どもの頃、私はとても怖がりだった。
小学生だったある時、夜中に目が覚めて眠れなくなり、
何故か「死後の世界」のことを思った。
死んだらどうなるのだろう・・・考え始めたら、もう怖くてたまらない。
親も妹もぐっすり眠っているし、自分一人暗闇の中。

悩んだ末、助けを求めたのは手持ちの十字架やロザリオである。
当時は信者では無かったし、ここで「主の祈り」や「アヴェマリア」を唱えるわけでもない。
日曜学校で貰った十字架のペンダントやロザリオをありったけとり出してただ握りしめたのである。
すると不思議なことに、すっと恐怖が消えた。
「死んだらどうなるのか」という謎はまったく解決していないのだが・・・。

朝になって母にその話をしたところ
「じゃあ、大人になったらそういう世界(キリスト教関係)の人になる?」というようなことを言われた。
あれからン十年。
まさに私は「そういう世界の人」になった。
怖がりも卒業した。
子どもの頃は近くにあるだけでも怖かったホラー漫画も読めるようになったし、
霊感もほとんどない(ゼロではないらしい)ことが分かったので、暗い所も平気になった。

数日前、久しぶりに夜中に怪しげな気配を感じて怖くなったので、
はるか昔のロザリオ頼みを思い出した。
起きあがりたくないので、ロザリオを取りには行くのはやめて、
ただアヴェマリアの祈りを指折り数えて唱えることにした。
子どもの時とは逆である。
何回くらい唱えたのか、私はいつの間にか眠っていた。

眠れぬ夜はロザリオ頼み。

神の母聖マリアの祭日

  • 2019/01/01(火) 00:00:00

新しい年がはじまりました。
皆様にとって恵み多い一年となりますように。
聖母マリアのとりつぎによってお祈りいたします。

Merry Christmas

  • 2018/12/24(月) 19:00:00

 いと高きところには神に栄光
   地には善意の人に平和あれ

PC211881.jpg

皆様、どうぞ良いクリスマスをお過ごしください。

ただいま準備中

  • 2018/12/22(土) 16:04:59

間もなくご降誕の夜を迎える。
今年も修道院内の色々なところに
御子さまを迎える場所が作られた。

こちらは聖堂

PC211878.jpg

白とブルーの布に赤いハイビスカスが映えて美しい。

あと二日とちょっと
祈りのうちにそのときを待つ・・・。

2018年今年の漢字

  • 2018/12/18(火) 20:28:36

世間では「災」が今年の漢字だった。
私も毎年ではないけれど、自分自身の今年の漢字を考えている。
過去の記録をさかのぼってみると

「会」・・・いろいろな出会いがあったから
「挑」・・・新たなチャレンジが多かったから
「楽」・・・ゆとりがあって、新しい楽しみも出来た

そして今年は「驚」

まずは叔母がガラシア病院(私の勤務先)に入院してきて驚いた。
数少ない関西在住の親戚であるにもかかわらず、ご無沙汰していたのだが、
たまたま他の病院からの紹介で転院してきたのである。

叔母の退院後、しばらくして今度は大きな地震に見舞われてびっくり。
一時はガスが止まったりもしたし、余震も続いた。
しかも地震の翌日、件の叔母が亡くなってまたしてもびっくり。
・・・といっても地震が原因なわけではない。
叔母は直前まで何の異変もなく、眠っているうちに逝ってしまったそうで、
その遺体は驚くほど穏やかな表情をしていた。

その2ヶ月後くらいであろうか。
今度は大きな台風に見舞われて驚いた。
(かなり色々なものが飛ばされた)

秋から冬にかけては懸賞や福引で小さな当たりが続いて
うれしい驚き。(ハンドクリーム、ブランケットなど)
にもかかわらず、職場のビンゴ大会は見事に外れて驚いた。
(この調子ならここでも大当たりに違いないと傲慢にも思い込んでいたのである)

一年間、良くも悪くも様々な驚きがあったが、
暮れてみれば恵まれていたと思う。
地震も台風も恐かったが、もっと大変な被害に遭った地域があったし、
叔母とは最後に色々な話をすることができ、
しばらく御無沙汰していた従姉とも会えた。

感謝のうちに、平成最後の年は終わりつつある。