FC2ブログ

思い出

  • 2021/02/28(日) 19:10:00

ひな人形と花瓶

今年も小さなひな人形を飾った。
大好きなシスターの遺品で、手作り。
金屏風は自分で折り紙で作り、頂き物の敷物を敷いた。
このささやかな飾りの中に何人もの思い出が詰まっている。

敷物は何かのお祝いに友人のシスターが送ってくれた手編みの作品。
そのシスターは今、外国で奉仕をしている。
手前のヒヤシンスは、昨年、修道名のお祝いに頂いた鉢植から今年も咲いたもの。
菜の花は畑仕事をしているシスターからのお下がり。
その菜の花を挿した花瓶は、幼稚園の頃、遠くに引っ越す友達から貰った。

幼稚園の頃といえば、既に40年以上前のこと。
泣き虫だった私の数少ない友達がお別れにくれたのは、
この花瓶とビニールコーティングされた小箱。
そして自分で作った貼り絵だった。
きれいな紙の中心に小さく、船と漕ぎ手を描いたものだったと思う。
長い年月の間に箱は壊れ、絵も紛失してしまったが、
この花瓶は壊れることも失くすことも無く手元にある。

花瓶を見るたびに、その友を思う。
すっかり音信不通になってしまったから、今はどこでどうしていることか。
恐らくどこかで再会してもお互いに分からないだろうし、
友の方は姓も変わっているかもしれない。
・・・が、幼い日の私を支えてくれた友を思うと、
その出会いを与えて下さった創造主に対しての畏敬と感謝が湧いてくる。
今日までの人生に、数限りない出会いを準備してくれた神に感謝。

ヒヤシンスその後

  • 2021/02/20(土) 11:40:27

白い花から遅れること一週間。
紫とピンクのヒヤシンスも開花。
やっぱり背は伸び悩んだけれど、よくぞ咲いてくれました。

ヒヤシンス紫とピンク

聖堂の花とヒヤシンスのその後

  • 2021/02/11(木) 12:39:11

今日は聖堂の花がとても美しいと思ったのでご紹介。
(画像をクリックすると拡大されます)

聖堂の花

花を生けるシスターは毎回、とても悩むのだそう。
日々、様々な花が飾られているが、
今日は白い梅と赤い椿。
姿も色合いも凛として、
いつにも増して美しく、清らかな作品に見えた。
今月は高山右近や二十六聖人のお祝い日があったので、
これらの花々からは信仰の先人たちの姿を彷彿とさせられた。

そして・・・

先日お話ししたベランダのヒヤシンス。
三つの球根のうち一つは花が咲き始めている。
ただ残念なのはとっても背が低い。
本当は花が咲いたら花瓶に入れて
聖堂の端にでも飾ってもらいたかったのだが、
ちょっと難しそうだ。

白いヒヤシンス

そしてあと二つの球根も、
やっぱり背が低いなりに開花の準備を進めている。
ピンクと紫。
どちらが先に咲くだろう。

ヒヤシンス

  • 2021/01/31(日) 09:58:46

昨年の今頃、もうすぐ花が咲きそうなヒヤシンスの鉢植えをいただいた。
花が終わった後、球根を掘り出して網に入れ、
ベランダで乾かしていた。(ネットで得た知識)
・・・が、そのうちに網の中の球根は景色の一部になってしまい、
何のためにそこにあるのか忘れてしまったのである。
今月に入ってふとその存在を思い出し、網から取り出してびっくり。
なんと球根たちは健気にも小さな緑の若芽を育んでいたのである。
すっかり忘れて何の世話もしていなかったのだから、
人間や動物の子だったら死んでいるところだ。
冷や汗とともに、植物のたくましさに救われる思いがした。
土に戻し、毎日水をやりはじめて2週間くらいになるか。
球根たちの若芽は、日々背丈を伸ばしている。
花が咲くのは昨年より遅くなるだろうが、
また美しく香り高い花を見せてもらいたい。

ヒヤシンスの芽

環境変化

  • 2021/01/17(日) 10:41:56

職場で
「面白いものを貰ったからシスターにあげる」と
こんなものを頂いた。

アルコールスプレー

上のふたの中は水性ペン(細字・黒)、下はアルコールスプレーになっている。
しかもアルコールの方は空になったら詰め替えも出来そうだ。
業者の方から新年のあいさつに頂いたらしい。
お年賀で消毒用アルコールが配布される世の中になったのか・・・と、
世の中の動きの速さに感心してしまう。

一年前、今のような状況は全く想像できなかった。
それから状況がどんどん変化して、
マスクや消毒剤など色々なものが品薄になった。
・・・と思っていたら、今はあらゆる材資、色柄のマスクが登場し、
消毒剤も豊富に入手できる。

こんなに短時間で世の中が変化したことは生まれて初めてだ。
恐らく将来歴史の教科書に載るような時代を、
私たちは生きていると思う。

新年の抱負?

  • 2021/01/09(土) 12:00:50

ラジオを聞いていたら、
出演者の方が昨年の目標が達成できたかどうか検証されていた。
三つのうち二つは達成できたそう。

うーん・・・
考えてみたら一年の初めに目標を立てるって、
長いことやっていないかもしれない。
修道院の中では毎年、その年度の計画を立てて努力するのだけれど、
個人ではなかったなあと。

とはいえ、私の部屋にはひとつ
格言的な言葉が掲げてある。
三年ほど前、あるキリスト教系の雑誌で読んだ
某プロテスタント系神学校の責任者さんの言葉。

「いつでも今までの自分を捨てられる」

こういう心構えでないと、神と人とに仕えることはできない・・・
とその方はおっしゃっていた。

自分の願望やこだわり、様々なものが消されそうになるとき、
今まで積み上げてきた努力が報われないことになったとき、
生活が180度変わることを強いられたときも、
今、神が望まれていることを受け入れる・・・
それが、神と人とに仕えるものの道なのだろう。

これはとても一年で達成できるような目標ではない。
一種の人生訓である。
たびたび忘れてしまうけれど、この言葉を忘れないように。
部屋の壁に掲げてみたのだった。

思えば、洗礼の日から私の守護聖人になって下さった(と思う)聖パウロは
「今までの自分を捨て」てキリストの使徒となった。
今月、25日は聖パウロの回心の祝日。

どうぞ、これからもよろしくお願いします。