創立70周年

  • 2018/07/16(月) 10:49:30

一か月後に私たちは創立70周年を迎える。
昨日はその日に先立って感謝の集いを行った。
遠すぎて来られない姉妹、入院などで来られない姉妹以外の90名弱が
本部祈りの家に集合。
この日のために祈りの家の廊下、ロビーには
修道会の歴史年表や創立者の遺品などが展示され、
ミサと会食で今日までの日々に感謝し、未来への希望を新たにした。

創立当時の花瓶(空き缶を利用)
創立時の花瓶

創立者の遺品(ほかにもたくさん…)
創立者遺品

昔の制服を着た人形たち(誓願者・修練者・志願者)
昔の制服

展示を見るシスターたち
(創立者の遺品コーナー)
展示

ロビーには亡くなった姉妹たちの写真と一人ひとりの
「道連れのことば」をつけた木。
オブジェ

遠すぎて来られないブラジルの姉妹とはスカイプで交流
(向こうは真夜中)
スカイプ

今も多くの方々が大雨の被害に苦しんでいらっしゃるので、
当初の予定より縮小し、被災地への祈りから始まった一日。
70年生かされてきたことは、本当に幸運なのだと思う。
何百年という歴史のある修道会もあるけれど、
私たちの70年を大切に、これからの歩みを続けていきたい。

またしても・・・

  • 2018/07/08(日) 13:13:59

このたびの大雨で被災された方々、
亡くなられた方々を覚え、お祈り申し上げます。

地震の次は豪雨・・・。
自然の驚異の前に人は本当に無力だと感じます。
この数日、雨の影響で交通機関がとまり、
道路も混み合い、平凡な日常のありがたさが身にしみました。
私たちの住んでいる地域も避難指示が出ましたが、
幸い、病院も修道院もわずかな雨漏り程度で済みました。

今日は久しぶりに太陽が顔を出しています。
青い空と白い雲を大切に味わっています。


久しぶりに静かな日曜日。
アロマワックスバーを作ってみました。
聖母マリアのご保護を願い「不思議のメダイ」を埋め込んだところがミソ
(ソイワックスとメダイ以外の材料は100均で揃います)
     ↓
アロマワックスバー

お祈り申し上げます

  • 2018/06/19(火) 20:51:59

昨日の地震で被災された方々が、早くもとの生活に戻れますように。
また、亡くなられた方々の永遠の安息を心よりお祈り申し上げます。

私たちも被災地の中におり、ご心配をおかけしていますが、
少し物が壊れたり、聖堂のマリア様がからだの向きを変えたりされたくらいで、
姉妹たちはみな無事です。

お気遣いくださった皆様、どうもありがとうございます。
引き続き、被災地のためにお祈りください。

一日黙想会のご案内

  • 2018/06/17(日) 13:12:15

修道院で静かな祈りのひとときを過ごしてみませんか。

◆日時・場所 7月21日(土) 10:20~14:45
        大阪聖ヨゼフ宣教修道女会 本部祈りの家

◆内容 : 御聖体の前で静かに祈り、みことばを味わいます。
( 簡単な昼食をご用意いたします。)

◆対象  : 修道生活に興味をお持ちの独身女性(40代まで)

◆参加費 : 500円

◆申込、問い合わせ先:Sr.池田妙子 (大阪聖ヨゼフ宣教修道女会 修練院)
                 ℡072-728-8925

ご希望の方は開催日の一週間前までにお申し込みください。

創造主の御手

  • 2018/06/14(木) 21:12:22

日々、必死に過ごしていたらいつの間にか紫陽花が咲き、
梅雨に入り、梅雨の晴れ間には鳥のさえずりが賑やかに聞こえている。
この頃、よく耳にするのは

テッペンカケタカ!!!

これはホトトギスの鳴き声なのだそう。
実物を見たことは無いが、たびたび響いてくる。

私が住んでいる箕面は本当に自然が豊かで、
ウグイスもよく鳴くし、キツツキを見かけることもある。
他にも名前を知らないキレイな小鳥を目にする。
畑には時々、鹿やイノシシ、アナグマなどが泥棒に来るらしい。

私は物心ついた時、東京のど真ん中に住んでいたので、
犬や猫以外の動物は動物園でしか見たことがなかった。
鳥と言えばカラスと雀くらい。
今の環境は幼い頃の自分には想像もつかない世界だ。
こんな環境では、季節の移り変わりに敏感になり、
創造主の手腕に感動する機会も多い。
そしてまた、この言葉が脳裏に浮かぶ。

神のなさることは、すべて時にかなって美しい