FC2ブログ

実りの秋

  • 2019/11/04(月) 09:34:07

秋が深まり、山歩きが気持ちよい今日この頃。
静修日(一か月に一度、沈黙して祈りのうちに過ごす)に
裏山を歩いてみた。

今まで気が付かなかったが、
頭上高くアケビがなっている。(残念ながら手が届かない)

アケビ

樹々も紅葉し始め・・・
紅葉はじめ

ヒノキも実をつけた。

ヒノキ

澄んだ空気と森林の香りを満喫して帰ってくると
院内でも面白い植物が育っていた。
スズメウリというのだそう。

スズメウリ

クリスマスの飾りに使うためにと院長さまが植えられたらしい。
最初は緑色でスイカのミニチュアのようだったが、
いつの間にか赤く色づいている。

実りの秋、
植物の生命力と美しさに心洗われるひととき・・・。

あきらめない

  • 2019/10/18(金) 20:52:42

このたびの台風で被災された方々に、
必要な助けが速やかに与えられますように。
そして一日も早くもとの生活に戻れますようお祈りいたします。

私の出身地、神奈川県でも大きな被害があったらしい。
帰省した折に立ち寄った多摩川の周辺も大変なことに・・・。
今回、ニュースを見ていて印象的な言葉があった。
「決してあきらめず助けを待っていてください」
・・・少し違うかもしれないが、こんな言葉だった。
実際、この言葉が必要な方はテレビを見られない状況かもしれない。
それでも深く心に染みた。
もし自分が当事者になったら、この言葉に力づけられると思う。

最近あきらめなくて良かったことがある。
春先から見守っているパッションフルーツ。
私が種から育てた苗をガラシア病院のホスピス裏手に移植していただいた。
茎が伸び、葉も大きく成長したが、夏が過ぎても実どころか花も咲かない。
何度も「本当に花が咲くの?」と聞かれて内心不安になっていたが、
秋も深まった今になって咲いた。

パッションフルーツ

花は見ての通り面白い姿をしているので、
患者さまやご家族の方が興味深げに見にきてくださる。

あきらめなくて良かった。

芸術の秋

  • 2019/09/28(土) 11:26:02

ひょんなことからアートセラピーを体験することになった。
上手下手は言わない。
ただ無心に画材を動かしたり、
モデルを五感で味わいつつ描写する。

このたびのモデルは秋の味覚りんご。
見て、叩いて音を聴き、香りを嗅ぎ、触り、味わい、描く。

「まず内側から描きましょう。」
と画期的な指示があり、白い中身を描いてから外側へ。
リンゴはまん丸ではなく、
つやつやと光ってもおり、
ちょんと芯があって、よく見ると緑や黄の筋が入ったりしている。
オイルパステルを何度も塗り重ねて完成。

多少はみ出していても最後に切り抜くので大丈夫。
好きな色画用紙に乗せてコラージュしたら
なんだか立派な芸術作品に見えてきた。

りんご

こんな風にしたら他のものも描けそうな気がする。
翌日、外を歩いていたら
ふわっ・・・と金木犀の香りが漂ってきた。
食べたり叩いたりは出来ないけれど金木犀を描いてみるのもいいかな。

今年の帰省

  • 2019/09/23(月) 17:34:36

貴重な連休もあと数時間で終了。
休みの終わりはいつも淋しい。
このたびは6日間ほど帰省させていただいた。
両親の墓参をし、懐かしい友人と話し、恩人を訪問し、観光もする。
私の故郷は神奈川県で、鎌倉や横浜、江の島といった観光地はいわば「庭」。
しかしながら年齢とともに静かな場所に行きたくなり、大磯を訪ねることにした。

大磯には「澤田美喜記念館」がある。
澤田美喜はエリザベス・サンダースホームという施設を創り、混血の孤児たちを育てた人。
昔々、母の本棚にはこの方の著書があった。
近年知ったことだが、この方は切支丹遺物のコレクターで、
その膨大なコレクションの一部が記念館に展示されている。
(多すぎて一度には出しきれないらしい)
中には高山右近や細川ガラシャに縁の物もある。
特に印象的なのは「切支丹魔鏡」と呼ばれる不思議な鏡。
精巧な複製が造られていて、その仕掛けを体験することができる。
一見普通の鏡のようだが、光を当てると壁に十字架が映し出されるのだ。

偉大な事業の陰には多大な苦労もあるもの。
クリスチャンだった澤田美喜は、
苦しい時たびたび信仰の先人たちの遺物を前に祈り、力を得ていたのだそう。
資料館、そしてエリザベス・サンダースホームの記念年譜を眺めながら、
偉大な先人である澤田さんのことを考えた。
母の本棚にあった著作を、今からでも探してみようと思う。

ゴーヤ探し

  • 2019/09/02(月) 20:58:56

今年は食堂の外にゴーヤのグリーンカーテンが導入された。
三つのプランターに植えられた苗がすくすくと伸びて栄えている。
見事に茂った緑の葉陰に
同じく緑のゴーヤがあちこちに実った。
なにしろ保護色である。

ゴーヤはどこにあるのかな・・・と
探して実を数えるのが習慣化した。
写真だとさらにわかりにくい・・・。

グリーンカーテン

一時は大小10個以上の実をつけていた。
一昨年だったか私もベランダでゴーヤを育てたことがあるが、
こんなには実らなかった。

食堂の外という場所柄、皆に見られているのでがんばったのかもしれない。
毎日水やりをするシスターもまたがんばっていた。

ゴーヤの季節もあと少し。
この夏は目も体もゴーヤに養われていた気がする。